キムタクの体型維持の方法は
20歳の時に勝ったデニムを技術にしている
そうで

 

 

へー、私と同じじゃん
とか思ったんですが

 

 

私の場合、時にキツ過ぎても
まぁ、ボチボチ頑張るし
と、ストイックじゃないところが
キムタクとは真反対(笑)

 

 

なので、あまり意味がない
ように思えるのだけど
年に何度か、定期的には履くことは
一応、継続しています。

 

 

だから、なのか
“たるみ”とか見た目の変化はあるけど
体重の変化は、さほどない。はず。

 

 

筋肉をつけて引き締めれば
見た目は締まるけど
体重はちょっと増えます。

 

 

と、まぁ、体型維持に
20歳の時のデニムは有効です(^^)

若かりし頃のものを基準に
体型維持の意識を保つのは
気持ちを若く保つのにも一役かっていそう。

 

 

ですが、いつまでも
10年20年前のコトを基準にしていると
反対に幸せを逃しちゃうコトもある。

 

 

以前お悩み相談にご来店された
30代半ばのある婚活女子さんは
前の彼氏と別れて5年も恋人がいない
という事を悩まれていました。

 

 

そんな彼女の話に、よく登場するのは
大学生の頃に付き合っていた元カレでした。

 

 

元カレと名前が似ている
乗っている車が元カレと同じ
元カレのような生活スタイル

何か”彼”を連想させるモノが
相手を選ぶ基準になっているんですね。

 

 

彼に似た一要素がある男性たちとは
出会っているものの
お付き合いしていないのは、なぜなのか。

 

 

それは、心も成長しているから
ではないでしょうか。

 

 

成長して、もうサイズが合わなくて
身体が入らない。着られない。
その服を無理矢理着ようとすると
いつか破れてしまいます。

 

 

あるいは、10代、20代前半の服が
今の自分に似合うかというと
物によるけど、大抵は無理があります。
ギャル服着てるなんて自分でも嫌ですよね。

 

 

身体の成長は止まるけれど
心の成長は止まらないもの。
どんどん大きくなるのが心。

 

 

元カレというお気に入りの服は
年々小さくなっていっているのです。

今の自分には、もう
似合わないのかもしれない。

 

 

20歳の時のデニムを
捨てずに、たまに履き続け
時にウエストがキツい私が言うのも
いささか説得力にかけますが(笑)

 

断捨離をオススメします。