“あの時”の挫折体験、失敗が
いつまでも頭から離れずに
新しい事への挑戦への
トラウマになって動けない。

 

 

失敗は誰でもしたくないものです。
だから人は慎重になります。
それが過去から学ぶ事です。

 

 

あるいは、過去の栄光
成功体験が忘れられずに
新しい事との出会いを捨てている。

 

 

キラキラした思い出は宝物。
自分の自信にもつながります。

 

 

だけど、失敗を恐れすぎて
あるいは、過去の考え方に留まって
先に進まなくなるとしたら
それは幸せから逃げる事です。

誰かも言っています。
停止は後退と同じこと。

 

 

「変わりたいけど変われない。」

こういう時に
心を強くしたい、と思って
ご相談に来られる方もおられます。

 

 

心を強くするには
自分を褒め、感謝出来る事を見つけ
自分も他人もありのままで良いと許し
セルフイメージを高め、自信を持ち
そして行動に移す事、などがありますが

 

 

過去への後悔や執着心
または、未来への不安が強い時
「今」出来る事に集中する
マインドフルネス的な考え方
心を強くしていけます。

失敗した過去に
繰り返してはいけない事を学んだなら
過去はもう済んだ事で、
やり直しも出来ない事です。

 

 

未来への不安は
自分を守るモノにもなりますが、
今の現状から変わりたくない
という無意識のワナでもあります。

 

 

変えられるのは
ただ、今の自分だけ。

 

 

それでも次の瞬間には
あの時が最高に良かった。
彼の愛は永遠に続くんだろうか?
来年も仕事の契約は更新されるだろうか?

気持ちは過去や未来へ飛びます。

 

 

そんな時、今の気持ちを聞いてみると
「よくわからない」と答える人が多いです。
今に心がないから、わからないのです。

 

 

過去もそんな風に、
「今、に心がないまんま」
過ごして来ていたとしたら?

 

 

本当に良かったんだろうか?と
過去を思い悩む今につながっているかも。

 

 

瞑想したり集中したりと言った
マインドフルネスの実践を苦手に感じる人も
「今、出来ること」を見つける事を
日々の生活で習慣にしていくと
心が少し強くなれるはずです。