目指すは百姓

今日、面白い話を聴きました。

 

 

お百姓さんの話。

 

 

私の亡くなった父の田舎も
お百姓の家でしたから
馴染みのある言葉です。

 

 

そう、農家さんの事を
「お百姓さん」と言っていますよね。

 

 

でもその本当の意味は違っていて
百=沢山の人=「百の姓を持つ者たち」
という意味であり

 

 

昔は専門職という人は少なく
畑仕事の合間に兼業として
医者や美容師などもしていた。

 

 

そういう、100の事が出来る人
という意味なんだそうです。

 

 

これからの時代は
そういう働き方、生き方が
必要になってくると。

 

 

私なんかは個人事業主として
タイ式と内臓のマッサージ師であり
マッサージを教える先生であり
カウンセラーであり
年齢不詳を目指す美容家であり
フィットネスプログラムの
トレーナーの資格も取るし。

 

 

まとめて言ってみると
健康と美を追求する専門家?
民間療法研究家?
とか言ってみようかなぁ(笑)

 

 

今まで「器用貧乏だ」とか
言われたりもしたけど
細くとも長く生きていけるなら
それも良し(笑)

 

 

みんなのチャンスも
まだまだ沢山ある✨

 

 

そんな事が書かれているのが
落合陽一さんの、こちらの著書


読むのが楽しみです♪

レコメンド・ブックカテゴリの最新記事