嫌なのにやめられない人間関係?

嫌なのにやめられない人間関係?

来年のための物件探しは落ち着き
人探しをしているところですが
昨日は何年ぶりというほど久々に
ただひたすら休息した1日でした。

 

またにはそんな日も必要だなと
改めて思ったところです。

 

 

今の仕事のスタイルにおいては
本当に変なストレスが無く
楽しく快く過ごせている事に
言い表せないほど感謝している反面

 

 

苦労性が染み付いているせいか
何処かで”ストレス”を求めて
あれこれやってみたりして
不必要な忙しさで疲れていたように感じます(笑)

 

 

そういう事などは
来年には持ち越すまい、と思います(^^)

 

 

そろそろ年末ですし、そういう
“捨てる”ものの選別をして
スッキリした年越しをしたいですね。

 

 

沢山のモノやコトを抱えて過ごす事は
それだけ心にも身体にも負担です。

そして、健康的に過ごすためには
時に、不要な人間関係を断捨離するのも
必要なことです。

 

 

先日は
結婚した友達や、自分勝手な職場の同僚との
付き合い方に悩む、という方がいらっしゃいました。

 

 

その人達が、婚活、結婚、子供の事で
年齢的に肩身が狭くなるような話をしてくる
その度に、落ち込んでしまって
相手を嫌いになる自分が嫌だ。

ということでした。

 

 

友達であれ、環境が変わると
考え方や価値観が変わる人もいるし

職場の人との付き合い方も自分次第。

 

 

無理をして今までと同じような
付き合い方をしていくのが
“良い人”ではありません。

 

 

会う度に、その人の事を嫌だと感じて
今度は、その自分を責めるのは
不健康ですよね!

 

 

私は”断捨離”と言う言葉が
使い方次第では好きではないのだけど(笑)
あえて断捨離と言うのは

 

「断」→不要なモノが入って来るのを断つ
「捨」→不要なモノを捨てる
「離」→不要なモノへの執着から離れる

 

 

捨てる、という意味だけではなくて
断つ、離れるという向き合い方です。

 

 

そして、特に難しいのは以外にも
「離」なんですね。

執着から離れる。

 

 

人は誰しも不思議とドMなところがあって
嫌なのについまた関わっちゃう
みたいなところがあるんですね(^^)

 

 

ズバリ言うと
自分で傷つく事を選んでた!?
ってコトです。

 

 

そこから
自己肯定感、セルフイメージの低さ
自分に対する無価値感など
潜在意識にあるものが見えて来ますが

 

 

執着しなくても良いものに
あえて執着している自分がいる
という事に気づくだけで
たった今からの行動が少し変わります(^^)

ライフ&ラブカテゴリの最新記事