まだまだ!

毎月購読中の「致知」今月のテーマは
仕事と人生

巻頭の”特別講話”が
シンクロの日本代表ヘッドコーチ
井村雅代さんのお話に感動でした。

 

 

本当に苦しい時はもう文句も出ません。
その現状を受け止めて
どう乗り越えようかと考えるんです。

文句ばかり言っていることに気づいた時、
自分にはまだ余力があると思ってください。
本当に苦しくなる一歩手前なんだと
思ってください。

致知1月号「人を育てる」より

 

 

さすが、厳しいと評判の先生の言葉は
厳しい!

 

 

でも
本当に苦しい時は文句も出ない
というのは本当にそうだなと思います(^^)

 

 

文句は
自分がどうにか出来る事に対して出る。

 

 

そんな事で苦しさが続くなら
とことこん向きあって
文句が出ないほど苦しくなって
どう乗り越えようかと考える
その方が早いですね(笑)

 

 

恋人に、家族に、仕事に対して
文句を言いたくなったら
自分には、何が出来るかな
と思い出してみましょう!

レコメンド・ブックカテゴリの最新記事