贈り物をハズす人?

贈り物をハズす人?

ついに、LINEに
「送信取り消し」機能が実装されましたね。
これで恥ずかしい物は残らない(笑)

 

 

取り消し機能無し時代の最後に
失敗を笑い飛ばそう!
と言う企画があったとは(笑)
「#LINE誤爆」

 

最優秀作品は↓↓↓(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/12/news130.html)

なんとも微笑ましいやりとり(^^)
家庭も職場も人間関係が良好そう(^^)

 

 

こんな面白い誤爆なら
ネタとして置いておきたいですね(^^)

 

 

とにかく、有難い?ことに
LINEの誤送信は取り消し可能になりましたが

 

 

贈り物を失敗した
というのは取り消せません。
以前、こんなお悩みの方がおられました。

 

 

友達とか彼氏への
プレゼント選びをいつも失敗する。
そして、いつも後から、もっと良い物を
あげたかったと思って後悔する。

もちろん失敗かどうかの判断は
自分のジャッジですが
実際に喜ばれなかった事もあるそうです(^^)

 

 

そろそろクリスマス。
今度は何をあげたら良いか悩みながら
また喜ばれなかったらと心配だとか。

 

 

後から、もっと違う物
本当にあげたかったのはもっと
相手が欲しいと思うような物だった。
もっと良い物だった。と思う。
後悔しても取り消せません。

 

 

どうしたら
相手のニーズに沿う贈り物を選べるか。
普段から相手の事を観察する事だったり
もはや相手に聞くのが一番です(笑)が

 

 

こういう時には
相手に喜んでもらいたいのに
なぜ、私は相手のニーズを外すんだろう?
なぜ、ケチっちゃうんだろう?
と考えてみることも出来ます。

 

 

相手の求めている思いに
ズレた物、事で応えてしまう。

プレゼントは気持ちを送る物。
その”気持ち”を出し惜しみしてしまう。

 

 

その心理とは!?

 

 

相手の気持ちに上手く応えられない
という人は、多くの場合
自分の気持ちにも応えられていない

 

 

自分の気持ちは後回し。な
優しい受け取り下手、甘え下手な人です。

 

 

自分的には、そんなに嬉しくないのだけど
相手を思って喜んで見せる。
でも心の中では、ちょっと悲しい。

そんな経験はなかったでしょうか?

 

 

「欲しい物は本当はこれじゃないけど」
「私の事をわかってもらえていない」

 

 

心とは不思議なもので
傷ついた経験をすると同じような事をする
事があります。

 

傷ついたからこそ、同じような事はしない
という意識があればまた違いますが

 

 

無意識でいると、その心の傷を
誰かに、好きな人にわかってもらいたい。
という心理が働きます。

 

 

同時に
自分をそんな気持ちにさせた相手の事も
同じような行動を通して
知ろう、許そうとしている。

 

 

そんな
切なくて優しい気持ちが隠れているかもしれません。

ライフ&ラブカテゴリの最新記事