聴くこと

「私、悩みやすいんです」という人。
いつも、何かを心配していて
常に不安を抱えている。

 

 

辛そうですけども
実はその周りにいる人が悩みを抱えている
というケースがあります。

 

「いつも悩み事の相談をしてくる友人と付き合うのが疲れて来た。アドバイスを求めて来るのに何も変わらない。何がしたいのかイライラしてくる時がある。そんな人にどう接したら自分が楽でいられるか」

30代女性の方のお悩みです。

 

 

こういう場合、悩みを解決してあげよう
という姿勢でいると”すり減り”ます。

 

 

問題を解決する事が
“良い”事なのかも考えるところ。

 

 

もしかしたら、そのお友達は
悩みがあるからこそ
誰かに頼れる、人と繋がっていられる。
行動の原動力になっている。
のかもしれず

 

 

本人も無意識に
解決なんて望んでいないかもしれません。

 

 

悩みも人によっては
コミュニケーションツールだったりします。

 

 

そういう人と向き合う時に
どうしたら良いか。

人は会話をする時に、つい
この次に何て返そう、何を話そう
と自分が考える事を頭で考えてしまいます。

 

 

相談をされている時となれば
なおの事、頭は検索モードでしょう。

 

 

ですが、相手にとって
アドバイスの有効性はさほど重要でなく
ただ聴いて欲しいだけです。

 

 

聴く事だけに注力してみると
もしかしたら今までは聴き逃していた話が
あるかもしれません。

 

 

聴き方が変わると
聴こえ方も変わる。

入ってくる情報が変わると
出る言葉も変わります。

 

 

そして
相手が変わろうと変わらないであろうと
それは相手の問題です。

ライフ&ラブカテゴリの最新記事